2008年12月18日

三菱商事、イオン筆頭株主に

日本経済新聞 2008.12.17(11面)

三菱商事イオンは16日、資本業務提携により三菱商事がイオンの
発行済株式の 5%超を取得し、筆頭株主になると正式発表した。

原材料から商品まで世界的な調達・供給網を共同で構築し、
海外事業、物流、金融など幅広く協力する。

国内の個人消費低迷に悩むイオンは、三菱商事との連携で海外での出店や
国内スーパーの効率化を進め収益力を高める。

三菱商事はスーパー最大手のイオンと組んで安定収益につながる
小売関連事業を強化する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のCONTENTS

1.三菱商事とイオンの資本提携
2. 5%出資の意義

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.三菱商事とイオンの資本提携

三菱商事は今年 8月から11月12日までにイオン株の4.59%を市場で買い付け、
実質筆頭株主だったみずほコーポレート銀行(出資比率 3%)を抜き、
筆頭株主となりました。
取得額は約 368億円。今後5.05%まで買い増すとのこと。

両社は今後、世界規模での物流網の構築や原材料の調達、IT活用など
共同事業の具体策を詰める。

衣料・食料品の海外からの調達や中国などアジアでの出店で協力し、
コンビニ向け商品の共同調達などを検討。三菱商事も出資する
イオン銀行など金融事業での連携策も模索します。

記者会見した三菱商事の小島順彦社長は「次の時代に向けていろいろなこと
が考えられる」と強調。

イオンの岡田元也社長は「小売業のグローバルな競争に対抗するには
パートナーが必要」と話しました。

イオンは業績の低迷傾向を受け、成長をアジア市場に求める方針を
発表しています。海外での成長加速には三菱商事のネットワークの活用が
不可欠と判断しました。

三菱商事は連結売上高で 5兆円を超えるイオンとの提携で安定収益の確保を
目指します。

2. 5%出資の意義

資本の論理からすると、事業会社が出資する意義は、
1.支配目的
2.純粋な投資
のいずれかであるべきと私は思っています。

だとすると、筆頭株主になるとはいえ、 5%の出資というのは
いかにも中途半端という印象をぬぐえません。

実際、記者会見でも、「 5%という比率は中途半端ではないか。」
という質問が出ました。
これに対して、三菱商事の小島順彦社長は「信頼関係を深めるために
意味のある数字。社内での議論を重ねた上で、今後の取引も考えて
妥当と考えた」と回答しています。

とはいえ、出資と取引は別ではないか?
出資しないと信頼関係を築けないのか?
出資しなくても取引関係を強化できるのではないか?
という疑問を感じざるを得ません。
このあたりは、日本独特のやり方なのかは分かりませんが。

三菱商事から見れば、「私はあなたの株を 5%も買いました。
経営に口出しはしませんが、あなたの業績がよくなることが私の利益にも
つながります。したがって、あなたの業績向上のために本気で取り組みます。
だから取引関係を強化しましょう。」
ということなのでしょうね。
だとすれば、 5%の出資の意義も分からなくはありません。

皆様は、 5%出資についてどう思いますか?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ 参考書籍

図解入門業界研究 最新総合商社の動向とカラクリがよーくわかる本―業界人、就職、転職に役立つ情報満載 (How‐nual Industry Trend Guide Book)

最新 〈業界の常識〉よくわかる流通業界 (最新 業界の常識)

★ 簿記3級講座のご案内

簿記3級 最短合格バイブル

★★★
* | ----------------------------------------------------------------
_人_ *   定期購読者の特典多数!   年間購読申込中!!
 Y *      ビジネス情報誌「週刊ダイヤモンド」 *  *
 |         ★最新号が送料無料で購読できます★
 | ----------------------------------------------------------------
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CALDC+33XIIA+DCU+NVP2R





人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。
ranking_banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

posted by yamataka at 00:56 | Comment(2) | TrackBack(0) | 投資 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
三菱商事はたしか配当収入だけで300億円くらいあったと思うんですが、こういったちょこっとした出資の積み重ねが効いているのかもしれません。

商事は横のつながりも結構有ると思うので、他の株主に協力させる力を持っているのかもしれませんね。



Posted by 荒谷 at 2008年12月18日 03:51
荒谷さん、コメントありがとうございます。

業務提携目的と投資目的の両方ということですね。
株価が下落している今では配当利回りは高くなっている
かもしれないですね。
Posted by yamataka at 2008年12月18日 07:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。