2009年06月05日

資本剰余金で配当 広がる

日本経済新聞 2009.06.04( 12面)

上場企業の間で、株主が払い込んだ資本剰余金を配当原資として
活用する動きが広がっている。

2009年3月期決算が最終赤字になり、利益の蓄積である利益剰余金
がなくなった企業が多いからだ。

赤字会社が資本剰余金で配当することには、投資家から疑問の声が
出ている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のCONTENTS

1.資本剰余金で配当する主な企業
2.資本剰余金と配当

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.資本剰余金で配当する主な企業

 社名     最終損益  利益剰余金  年間配当金
学 研       1,979    ▲639     845
サンリオ     ▲1,885    ▲186     873
石塚硝      ▲2,026    ▲675     105
シダックス    ▲2,499   ▲2,499     613
フォーバル    ▲2,697   ▲1,353     172
東京機      ▲6,096   ▲2,882     359
マルハニチロ   ▲8,159   ▲7,178    1,524
第一三共    ▲264,662  ▲252,370    56,315


(注)2009年3月期単独決算、単位百万円

第一三共は、昨年買収したインド製薬最大手ランバクシー・
ラボラトリーズの株価急落で、大幅な最終赤字に陥りました。
配当原資となる利益剰余金は2,523億円のマイナスとなりました。
しかし、同社は1株当たり40円、合計で281億円の期末配当を
実施します。その原資は資本剰余金で賄う方針です。

シダックスは26日に開く株主総会資本準備金20億円の取り崩しを
決議します。
期末配当は1株15円を予定。
資本準備金を取り崩すことで、繰越損失を解消するとともに、
今後の配当原資を確保します。

2.資本剰余金と配当

資本剰余金は、株主からの出資のうち資本金に組み入れられない
部分をいい、資本準備金とその他資本剰余金から構成されます。
その他、資本取引から生じる剰余金も含まれます。

資本取引と損益取引を明確に区別する観点から資本金と
資本剰余金は維持拘束性が強く、配当に一定の制限がかけられて
いました。
従来は配当は利益剰余金から行うべきものとされていました。

2001年の商法改正で資本準備金は株主総会の決議で取り崩せば、
配当原資にすることが可能となりました。
つまり、資本準備金を取り崩すと「その他資本剰余金」となり、
配当原資となるのです。

この改正は、バブル期にエクイティファイナンスで膨らんだ
資本剰余金を株主へ返すことで、資本効率を向上させる狙いが
ありました。
しかし、現実は赤字会社が配当を維持するための手段に
なっています。

赤字会社の資本剰余金の配当に対して、投資家は厳しく
見ています。
配当は、本来は利益から支払うべきものという考え方が根強い
からです。

企業業績の悪化が続く中、資本剰余金の配当を行う企業は
さらに増える可能性があります。
東京証券取引所は、配当原資に資本剰余金が含まれている
場合は、決算短信への記載を求めています。
投資家は、配当の金額だけでなく、その原資も見る必要が
あります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

参考書籍

「純資産の部」完全解説―法律・会計・税務のすべて

Q&A資本会計の実務ガイド

事例詳解 資本等取引をめぐる法人税実務―純資産の部の税務調整のすべて

★★★
* | ----------------------------------------------------------------
_人_ *   定期購読者の特典多数!   年間購読申込中!!
 Y *      ビジネス情報誌「週刊ダイヤモンド」 *  *
 |         ★最新号が送料無料で購読できます★
 | ----------------------------------------------------------------
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CALDC+33XIIA+DCU+NVP2R



人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。
ranking_banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

posted by yamataka at 07:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | 純資産 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
突然失礼します。以前はよく拝見させていただきましたが、管理さんの久しぶりの復帰ですね。
Google検索で連結消去 IFRS 資本剰余金で知ったのですけど、

連結消去仕訳で持分が減少するのですが、貸方に資本剰余金がくることはどういう場合が想定されるでしょうか。

日本基準では貸方に資本剰余金勘定がくることはあるのでしょうか。
Posted by IFRS初心者 at 2012年12月31日 16:19
IFRS初心者様、コメントいただき、ありがとうございます。

長期間ブログを更新せず、失礼しました。2012年10月から復帰しました。一時期のような勢いで更新するのは難しいですが、これからはコンスタントに更新したいと思います。

また、かなり前の記事にコメントいただいてうれしいです。

さて、ご質問の件ですが、親会社が出資して子会社化したときに子会社の資本剰余金がマイナスだった場合、連結消去仕訳で資本剰余金が貸方になります。

このような回答でよろしいでしょうか。
Posted by yamataka at 2012年12月31日 20:57
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。