2009年07月26日

企業の主力事業の交代(セグメント情報)

日本経済新聞 2009.07.26( 1面)

有力企業で主力事業の交代が相次いでいる。

富士フイルムホールディングスは2010年3月期、医療や
液晶関連などの事業部門が複写機・プリンターの売上を
上回る勢いだ。

日清紡ホールディングスは太陽電池関連の利益が自動車部門を
抜く見通し。

金融危機後の逆風下でも事業の新陳代謝を進める企業は業績や
株価が堅調だ。
景気低迷で収益構造見直しを進める企業は多く、成長分野を
強化する動きが広がりそうだ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のCONTENTS

1.主力事業の交代
2.事業の種類別セグメント情報

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.主力事業の交代

富士フイルムは写真フィルムの販売減に対応した構造改革で、
医療、液晶分野などを重点強化する成長事業と位置付けています。
事業部門を複写機・プリンターなどの事務機と、写真・デジタル
カメラ、液晶・医療など重点事業の3つにに分けており、
2010年3月期は液晶用フィルムの拡大や医療品会社の買収で
同事業の売上がトップになる可能性が高い。
利益でも構成比が上がっているようです。

日清紡ホールディングスは繊維不況以降、多角化に取り組んで
きましたが、ここへ来て多角化の一部門である、工作機械の
技術を応用した太陽電池製造装置の収益が急拡大している。
老舗企業の同社はいぜん不動産収入が利益の下支え役ですが、
製造部門では稼ぎ頭になります。

セブン&アイ・ホールディングスは3〜5月期決算で
スーパー事業の営業利益(53億円)を銀行業の利益(77億円)が
上回りました。
ATMの手数料が増え、今や銀行業はコンビニエンスストアに
次ぐ第二の利益源となりました。

日本経済新聞社が上場企業の過去5年間の事業部門別の売上を
分析したところ、比較可能な3月期決算企業879社のうち
1割弱の企業でトップ事業が交代しました。
これらの企業は株価も相対的に堅調です。
昨秋のリーマン・ショック後の下落率を単純平均すると
4%にとどまり、日経平均株価の14%より底堅い状況です。

2.事業の種類別セグメント情報

上記の情報は有価証券報告書のセグメント情報で確認することが
できます(過去実績のみですが)。

有価証券報告書等では、以下の種類のセグメント情報の開示が
求められています。
1.事業の種類別セグメント情報
2.所在地別セグメント情報
3.海外売上高


このうち、事業の種類別セグメント情報は、
製品の種類・性質、製造方法、販売市場等の類似性を考慮して、
事業の種類別に開示する情報です。
これによって、経営の多角化の実態、どの事業を強化しているのか
が分かります。

セグメント情報は企業の業績を分析する際、欠かせない重要な
情報です。
興味のある企業のセグメント情報を分析すると、いろいろと
発見できると思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバー

2008.10.08 「セグメント情報の開示に関する会計手法」の改正

参考書籍

新セグメント会計基準対応 連結経営管理の実務―予算の立て方から円滑な導入まで

図解 新会計基準2009‐2011

2008‐2010 新会計基準の実務

★★★
* | ----------------------------------------------------------------
_人_ *   定期購読者の特典多数!   年間購読申込中!!
 Y *      ビジネス情報誌「週刊ダイヤモンド」 *  *
 |         ★最新号が送料無料で購読できます★
 | ----------------------------------------------------------------
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CALDC+33XIIA+DCU+NVP2R



人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。
ranking_banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

posted by yamataka at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 連結財務諸表 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。