2010年06月03日

鳩山首相 退陣表明

日本経済新聞 2010.06.02夕刊( 1面)

鳩山由紀夫首相(民主党代表)は2日午前、退陣する意向を
表明した。

国会内で緊急に開いた党両院議員総会で、沖縄の米軍普天間基地
問題の迷走、社民党の連立政権離脱や「政治とカネ」の問題で
混乱した責任をとって「職をひかせていただく」と述べた。

首相は民主党小沢一郎幹事長にも辞任を求め、小沢氏も
了承した。

民主党は4日に後継首相となる新代表を選出することを決めた。
党内では後継に菅直人副総理・財務相らを推す声が出ている。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のCONTENTS

1.鳩山首相の退陣について

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.鳩山首相の退陣について

待望の政権交代のもと圧倒的な支持率でスタートした鳩山政権
でしたが、わずか8カ月で退陣することになりました。
本格政権かと期待されましたが、またもや短命政権となって
しまいました。

「政治とカネ」の問題から支持率は下降線をたどり、最近での
普天間基地問題の迷走、福島瑞穂消費者・少子化担当相の罷免、
社民党の与党離脱が直接のきっかけとなりました。

本人は続投したかったかもしれませんが、党内からも「このまま
では参院選を戦えない」との声が出て、辞めざるを得なかった
のでしょう。

「自民党の悪い体質と同じ首のすげかえ」という批判も
出ています。
自民党政権と同様、首相のたらいまわしはやめてもらいたいです。

鳩山首相の失敗を一言で述べると「リーダーシップの欠如」
ということになるでしょう。
普天間基地問題については軽く考えていたのではないでしょうか。
「最低でも県外」とできもしないことを公約したのが
自らの首を絞めた格好です。

日本の国防をどうすべきかという根本の議論にならなかったのが
残念です。
そういう意味では安全保障について全く政策が異なる社民党と
連立すべきではなかったのです。
数合わせで連立するから政策の根本的な議論ができなくなって
しまうのです。

次の首相が誰になり、どのように政権を建て直すのかを
注目していますが、自民党がダメだから民主党が政権をとれた
のに、民主党もダメとなると日本の政治はどうなってしまうのか、
非常に心配です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバー

2009.08.31 民主党圧勝

参考書籍

民主党政権では日本が持たない

民主党政権崩壊へ―日本の混迷、没落を許す国民に未来はあるのか?(OAK MOOK 338 撃論ムック) (単行本)

鳩山由紀夫の政治を科学する (帰ってきたバカヤロー経済学)

新総理鳩山由紀夫の宇宙人語録

★★★
* | ----------------------------------------------------------------
_人_ *   定期購読者の特典多数!   年間購読申込中!!
 Y *      ビジネス情報誌「週刊ダイヤモンド」 *  *
 |         ★最新号が送料無料で購読できます★
 | ----------------------------------------------------------------
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CALDC+33XIIA+DCU+NVP2R



人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。
ranking_banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

posted by yamataka at 05:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。