2010年10月06日

財務会計士は就職・転職に有利か?

「週刊経営財務」が行った「公認会計士制度見直しに関する
読者アンケート」の結果、「”財務会計士”資格取得により、
社内の評価が高まる・就職や転職に有利になる」と考える読者は
13%にとどまることが分かった。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のCONTENTS

1.財務会計士とは?
2.財務会計士は就職・転職に有利か?

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.財務会計士とは?

「財務会計士」は就職・転職に有利かということを述べる前に、
財務会計士とは何かについて簡単に説明します。

公認会計士制度の見直しに関する議論が行われていますが、
金融庁は7月30日、公認会計士制度の見直しに関する中間報告を
公表しました。
→ http://www.fsa.go.jp/singi/kaikeisi/siryou/20100730.html

その中間報告によれば、公認会計士になるために3段階の
試験制度を検討しているようです。

1段階目の試験合格者は3年間の実務経験を積んで、2段階目の
試験に合格すると、「財務会計士」という資格を付与することを
検討しているようです。

さらに3段階目の試験に合格すると公認会計士になれるという
ものです。

財務会計士は会計のプロフェッショナルだけれども、
監査証明業務を行うことができないという資格のようです。

つまり、公認会計士との違いは、監査証明業務を行うことが
できるか否かということになります。

2.財務会計士は就職・転職に有利か?

以上を踏まえて、アンケートの結果を見てみます。

冒頭で述べたとおり、「”財務会計士”資格取得により、
社内の評価が高まる・就職や転職に有利になる」と考える読者は
13%にとどまるという結果になりました。

財務会計士に関する主なコメントを見てみると、
「企業は資格の有無にあまり興味がない。企業が求めるのは、
監査法人での幅広い経験。知識も経験も浅い財務会計士を、
積極的に企業が採用するとは考えにくい。会計士補、
日商簿記1級程度の扱いになる」(公認会計士)
という意見がありました。

これには私も同感で、以前当ブログで同様のことを述べたことが
あります。
財務会計士が認知されるまでには時間がかかりそうです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバー

2010.01.07 公認会計士試験について
2010.03.16 会計士新試験 5年目

参考書籍

働きながら2年で受かる! 公認会計士最短合格の勉強法

公認会計士試験 非常識合格法 新試験完全対応版

短期合格者だけが知っている! 「一発合格!」勉強法

★★★
* | ----------------------------------------------------------------
_人_ *   定期購読者の特典多数!   年間購読申込中!!
 Y *      ビジネス情報誌「週刊ダイヤモンド」 *  *
 |         ★最新号が送料無料で購読できます★
 | ----------------------------------------------------------------
http://px.a8.net/svt/ejp?a8mat=1CALDC+33XIIA+DCU+NVP2R



人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。
ranking_banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

posted by yamataka at 00:37 | Comment(1) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
とても魅力的な記事でした。
また遊びにきます。
ありがとうございます。
Posted by 職務経歴書の書き方 at 2010年10月15日 00:08
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。