2012年10月29日

不正会計を防ぐ 上

日本経済新聞 2012.10.26(14面)

『不正会計を防ぐ』と題する記事が、日経新聞に2日間掲載されま
した。不正会計をどうすれば防げるのかがテーマで、企業側と監査
法人側の視点から述べています。

今日はその1回目。企業側の視点です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今日のCONTENTS

1.最近発覚した主な不正
2.不正の要因
3.企業の対策

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

1.最近発覚した主な不正

オリンパスによる多額の損失隠しが発覚してから約1年。

大きく世間を騒がせましたが、その間にも上場企業の不正会計が見
られます。

最近発覚した主な不正は、以下のとおりです(新聞記事をそのまま
記載)。

・ストリーム
 仕入値引の過大計上など
・パスコ
 ソフトウェア不正利用に関する和解金を損失計上せず
・タダノ
 米子会社の副社長による横領
・加賀電子
 子会社で売上高や売掛金を過大計上
・エフティコム
 子会社でLED蛍光灯の仕入先と販売先が同じにもかかわらず売上計上
・OKI
 スペイン子会社で売上の過大計上


いろいろありますね。

では、不正会計が行われる要因は一体何なのでしょうか?

2.不正の要因

記事の内容に私見を加えると、不正の要因としては、以下のような
ものが考えられます。

・内部監査などの人員削減、予算削減
・特定個人への業務の集中
・業務ルールの未整備
・海外に本社の目が届きにくい


記事では、「リーマンショック後の業績悪化で、内部監査などの人
材や予算が削減されたことが不正増加の一因」との分析を紹介して
います。

それには同感で、内部監査に限らず管理部門の過剰なコスト削減は
不正の温床となるリスクがあります。

経営者は、わが社に限ってそんなことはないだろうと思わず、必要
なコストはかけるべきでしょう。

あと、日本企業は一般的に本社による海外子会社へのコントロール
が弱いと言われています。ブラックボックス化や治外法権化は避け
なければなりません。

もう一つ、一般常識より企業の論理を優先したり、会社のためとい
う自己正当化も不正の背景になっていると考えられます。

これらに対して、企業はとのように取り組んでいるのでしょうか?

3.企業の対策

新聞記事では、不正防止に取り組む企業の例を紹介しています。

パナソニックは、海外に「経理社員」と呼ぶ従業員を派遣していま
す。経理社員は経理や会計のプロで、海外子会社の経営を監督する
役割を持つとのことです。

約250人が世界で活躍しているそうで、規模の大きさに驚きました。

ここからは私見です(ただし、パナソニックの経理社員制度に詳し
くありません)。

パナソニックのような制度を上手く運用するためには、以下の2点
がポイントだと思います。

・経理部長のコントロール下に置かれていること
・全社的な人材育成制度に組み込まれていること


海外子会社の監督を目的に社員を派遣しても、海外子会社の社長の
コントロール下に置かれている状況だと、都合のいいように使われ
て目的を達成することができず、経理の弱体化を招く恐れもありま
す。目的を達成するためには、経理部長のコントロール下に置くこ
とが必要です。

それから、長期的な人材育成制度の一環として海外派遣を行う必要
があります。海外に派遣しても、その人を今後どう活用していくか
が明確でないと、長期間海外に行きっぱなしになり、担当者の固定
化という問題を招く恐れがあります。

新聞記事では、他に、伊藤忠やアステラス製薬が「公認不正検査士」
という資格取得を奨励する例も紹介しています。

ただし、こうした企業はまだ一部のようです。

不正会計を防ぐ方法として唯一絶対の方法はありません。他社事例
を参考にしつつ、自社に適した方法を取り入れるのがいいでしょう。
くれぐれも、わが社に限って不正は起こり得ないと思わないことが
必要です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

バックナンバー

2011.11.13 決算5年分を訂正 オリンパス、自己資本減少へ
2011.11.11 オリンパス損失隠し

参考書籍






人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。
ranking_banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

posted by yamataka at 22:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。