2012年12月15日

衆院選投票前夜(アンケート分析)

第46回衆院選の投票が、いよいよ明日になりました。

当ブログのアンケートの締切にはまだ数時間がありますが、現時点での投票結果を分析してみ
ます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今日のCONTENTS

1.アンケートのお礼
2.アンケート結果について
3.明日はどうなるか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

1.アンケートのお礼

まずは、アンケートに投票していただいた皆様、ご協力いただきありがとうございます。
こんなに大勢の方に投票していただいてうれしいかぎりです。

2.アンケート結果について

まずは、回答者の年代別構成比は、
40歳代 28.38%、30歳代 24.32%、50歳代 22.97%、60歳以上 13.51%、
20歳代  8.11%、10歳代  2.7%
という結果でした。

回答結果は、以下のとおりです。

1位 自由民主党  65.7%
2位 日本維新の会 17.2%
3位 日本未来の党  7.5%
4位 日本共産党   3.0%
5位 民主党     1.5%
5位 みんなの党   1.5%
7位 公明党     0.7%


主なコメント

○自由民主党と回答した方
 ・日中関係緊迫化と連動するように、自民党の支持率が上がった。横暴になる中国に
  有効な対抗策を打てる政治をそれこそが今、新たに加わった民意、すなわち風である。

 ・自民一人勝ち頻回報道=アンダードッグ効果=敗者への同情票獲得誘導狙いの偏向報道
  比例投票鉛筆書きの自由民主党は自由を消され民主党に改ざん危険!
  自民党と記入が無難

 ・他にない。残念ながら消去法

○日本未来の党と回答した方
 ・自民党に入れたら国が滅びるぞ。

 ・まだ自民に政権渡すのは早い気がするので・・・

 ・原発推進なんて信じられん

○日本共産党と回答した方
 ・共産党は、過去の公約である国軍設立、自主憲法制定を、再び党是とし、
  自民党と連立すべき。少なくとも創価公明よりはまし。

3.明日はどうなるか?

本アンケートは全体を予測できるほどのサンプル数ではないので、この結果がそのまま反映す
るとは限りません。ただ、それにしても自民党の65.7%は驚異的。
民主党の凋落ぶりにも驚きです。

明日はどのような結果になるか分かりませんが、皆様、投票に行きましょう。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

バックナンバー

2012.12.07 衆院選 最多1504人立候補
2012.11.28 総選挙と選択の科学




人気ブログランキングに参加しています。
記事が気に入った方は是非クリックをお願いします。
ranking_banner2.gif にほんブログ村 士業ブログ 公認会計士へ

タグ:衆院選
posted by yamataka at 18:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/307806450
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。